注目の記事 PICK UP!

韓国在住日本人がおすすめする!韓国に来たら絶対食べたいグルメを紹介

韓国旅行の目的の1つとして、韓国グルメを楽しみに訪問する人も多いのではないでしょうか?

韓国料理といえば「辛い」印象を持つ人も多いでしょう。韓国ではコチュジャン(唐辛子)やニンニクなどのスパイスをふんだんに使った料理が多く存在します。例えば、韓国を代表するおかず「キムチ」は、唐辛子やニンニクなどを漬けて作られています。

もちろん辛くない料理もたくさんありますので安心してください。

今回は、インターコンチネンタルに付随している複合施設「COEX」の中に入っている韓国グルメを紹介します。

ガッツリ食べたい人向けにおすすめのグルメ3選

まずは韓国グルメ3選を紹介する前に、韓国レストランの基本知識を押さえておきましょう。

韓国料理は基本的に大皿に盛り付けられ、日本の鍋のようにみんなで箸を突きながら食べるスタイルがほとんどです。そのためレストランに入り、それぞれ好みのメニューを選ぶよりは、どの店で何を食べるかを最初に決めます。

また日本に比べると韓国のレストランは、1つ1つの量が食べきれないほど多いので注意が必要です。さらにキムチなどの小鉢はおかわり自由なことが多いので、もし足りなかったら従業員に追加を頼んでみましょう。

韓国レストランの基本情報を知ったところで、ここからは韓国人在住の日本人がおすすめする料理3選を紹介します。

  • ポッサム
  • ブデチゲ
  • ナクチ

ポッサム|バンハヌン ポッサム

ポッサムは韓国を代表する料理の1つで、蒸し豚バラ肉です。基本的に豚バラは脂が乗っていますが、ポッサムのように蒸すことで、いい具合に脂が落ちてヘルシーに食べられる人気の料理。韓国ではお酒を飲むときのつまみとして食べられる人気の一品です。

一般的にポッサムは、サンチュやエゴマなどの葉物に、豚バラ・ニンニク・キムチなどを巻いて食べます。

そんな韓国で人気のポッサムが食べられるお店は、「バンハヌン ポッサムCOEX店」です。

定番メニューは「ポッサム定食」(1人前11,000ウォン)。ポッサムやキムチに加え、スンドュブチゲやご飯までついてくるボリューム満点のメニューです。

韓国のグルメサイトの評価を見ても「バンハヌン ポッサムCOEX店」は5つ星中4.13星と評価が高く、現地の韓国人からも美味しいとのクチコミがありました。

ぜひ韓国本場のポッサムをCOEXモールの中で堪能してみてください。

ブデチゲ|モバクサブデチゲ

続いては、韓国の若者に大人気のブデチゲです。ブデチゲは日本語で軍人鍋と訳されます。

軍人の鍋だけあり、鍋の中には野菜や肉だけでなくスパムやソーセージ、ラーメンまで入っているため満足度が高いです。

ブデチゲは、サムギョプサルやカルビのように定番グルメではないものの、韓国人からの人気が非常に高いのでぜひ一度食べていただきたい料理の1つ。

COEXでは「モバクサブデチゲ」と呼ばれる、ブデチゲとブルコギのお店がグルメエリアにあります。

人気メニューは「ブデチョンゴル(牛肉ブデチゲ)」(1人前10.500ウォン)で、ブデチゲの中でも非常にお手頃な価格で食べられます。さらにモバクサブデチゲは、韓国では珍しい1人前から注文が可能のため、お一人様の旅行客でも入りやすいお店です。

ブデチゲを注文すると具材の入った鍋がそのまま運ばれてきて、テーブルに付属してあるコンロでグツグツ煮えるのを待ちます。中身が煮えてくるとラーメンを入れ、2-3分待つと食べごろです。

日本と違い締めのラーメンではなく、食べる前にラーメンを入れて、他の具材と一緒に食べることが一般的。

モバクサブデチゲで、韓国スタイルの鍋を体験してみてはいかがですか?

ナクチ|ガナクチマウル

最後に紹介するのは、ナクチ(テナガダコ)。ナクチはタコを唐辛子で炒めたもので、韓国料理の中でも辛い食べ物が好みの人に人気の料理です。韓国人でもナクチを辛いと感じる人が多く、次の日にはお腹を下すことも…。

韓国に来たからには「辛いものに挑戦したい」という方に向いている料理です。

COEXにはナクチのお店がいくつかありますが、「エガナクチマウル」というお店の評価が高く、ボンウンサ駅からCOEXに入ってすぐに見つけることができます。

定番メニューのナクチ炒めご飯(1人前10,000ウォン)は、大きなタコが入ったナクチ炒めとご飯を絡めてチャーハンのように食べると絶品です。

ナクチが辛すぎるという人には、一緒にケランチム(韓国式茶碗蒸し)を頼むことで、卵の甘味が口休めになるのでおすすめ。

エガナクチマウルは外国人の観光客も少なく、本場韓国の食堂に来た感じを味わうことができるでしょう。

おまけ|食後にホッと一息つきたいカフェ2選

韓国は「カフェ大国」です。韓国では食後にカフェに行くというのが定番コース。

韓国人のコーヒー摂取量は、世界平均が1人あたり161杯に対して、367杯と2倍以上の消費量です。そのため韓国には、日本のコンビニのように至る所にカフェがあります。

余談ですが、韓国人は「オルチュガ」(死んでも凍ってもアイスアメリカーノ)という言葉が根付いているほど、寒い冬でも常にアイスアメリカーノを飲んでいます。

韓国では安いコーヒーショップからおしゃれなカフェまで見つけることができるので、観光の一休みに色々なカフェに立ち寄るのも楽しいでしょう。

COFFEE BEAN

まずは「コーヒービーン」。こちらはアメリカロサンゼルス発祥のコーヒーチェーンで、韓国でも「濃い味のコーヒーが楽しめる」として人気があります。

紫のロゴが特徴のコーヒービーンは、ロサンゼルス発祥のコーヒーショップといえど、韓国には200店舗以上ある韓国人にも非常に親しまれているカフェです。

韓国で安いコーヒーは2000ウォン程度で飲めるのですが、コーヒービーンではアメリカーノが5000ウォンと少し高め。しかし有名なチェーン店だけあって朝早くから夜まで営業しているので、時間を気にせず自分の好きなタイミングで行けるのが魅力的です。

コーヒービーンオークウッド店は、インターコンチネンタルを出てすぐにあります。大型複合施設COEXモールから少し離れた場所に位置しているため、人気が少なく落ち着いた雰囲気を楽しめるでしょう。

韓国といえば「ダルゴナコーヒー」と連想する人が多いのではないでしょうか?コーヒービーンでは「ダルゴナクリームアイスブレンデッド」が観光客に人気のメニューになっています。ぜひ本場韓国でダルゴナコーヒーを味わってみてはいかがですか?

CAFE DE LYON

続いては、カフェ好き必見の内装やケーキまで可愛い人気のカフェを紹介します。

韓国にきたら一度は訪れたいのが「インスタ映えカフェ」。韓国人もカップルから若者・おば様までおしゃれなカフェを探し、訪れます。

COEXモール内にあるおしゃれなカフェ「CAFE DE LYON」は、外観から入ってみたいと思わせるほどシックで高級なデザインになっています。

また「CAFE DE LYON」は、オリジナルのドリンク・パンやケーキだけでなく、ミルフィーユや焼き菓子まで、多くの種類のデザートを取り揃えています。

実際にこちらのカフェに訪れた韓国人の評価をみても「何よりケーキが美味しい」や「並ぶ価値がある」などと絶賛の声が多数。

私(筆者)は休日のティータイムの時間に行ったこともあり、店内は既に満席でした。

ゆっくり訪れたいのであれば、ティータイムの時間を避けることをお勧めします。

まとめ

今回は韓国に来たら絶対に食べたいグルメを紹介しました。

既に日本でも大人気のサムギョプサルやカルビだけではなく、韓国にはブデチゲやナクチなどの魅力的なグルメがまだまだたくさんあります。

特に辛いのが好きな方は、ナクチに挑戦してみると良いでしょう。

またカフェ大国である韓国で、カフェ巡りをすることで韓国旅行をより満喫することができます。

関連記事

  1. 本場でカジノをしよう!パリス・ラスベガス・リゾート&カジノリゾートカジノについて紹介

  2. 「ザベネチアンマカオリゾート」世界最大級のカジノフロア!ベネチアを模したテーマホテル

  3. 『セブンラックカジノ江南COEX』の魅力!周辺ホテルや食事について

  4. 韓国へ行きたい方へ!予算やおすすめの観光スポットまでご紹介

  5. ギャラクシーホテルマカオとは?ホテルの概要を紹介

  6. 『ベラージオ ホテル』の楽しみ方ガイド 豪華ホテルでラスベガスを満喫しよう

  7. オカダマニラの最新情報まとめ!豪華カジノリゾートホテルの魅力とは!

  8. 【必見】韓国カジノを楽しめる場所(ソウル・釜山・仁川・済州島)を徹底解説!

  9. 韓国カジノに入場するときの服装は?OK例とNG例でわかりやすく解説

人気記事 PICK UP!

  1. バカラの必勝法・攻略法!勝つためのポイントまとめ
  2. 【必見】カジノスロットの攻略法まとめ!おすすめ機種2選も紹介
  3. インターカジノ完全入門!オンラインカジノでのプレイ方法とコツを紹介! インターカジノ完全攻略ガイド!登録方法とプレイ方法を紹介!
  4. ベラジョンカジノの魅力と遊び方ガイド
  5. 『セブンラックカジノ江南COEX』の魅力!周辺ホテルや食事について

特集記事

  1. 2024カジノランキング
PAGE TOP